スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が振り直せ

龍村 売処

法事に 行ってきたのよ。

控え室で、施主側の 若いお嫁さんが、

「甲斐甲斐しくやらなきゃ」って、一生懸命だったわ。

多人数用の 特大急須 を目の前に、

それは パニック だったでしょう。        アタフタと......

茶葉の適量すら 分からなくなってたわね、、、、、、ドッサリ入れたの、、、見ちゃった。。。

案の定、ドブ川 みたいな色のお茶が 出ちゃったね。

しっかりカテキンを いただきましたよ。

全国のお嫁さんに幸あれ!


                       急須 頑張ったね!



初めてお見かけしたご婦人。

色味をおさえた 法要メイクも バッチリ決まっていて、

ピーコックグリーンの黒真珠も とっても綺麗。

でも、、、お数珠の房が ボサボサぐちゃぐちゃ ですわよ。

お帰りになったら、美顔器のスチームを “房” にも 当ててあげてー。

                       スチーマー 房は 紙で巻いてニャ




澄み切った空間、お坊様の重低音ボイス、優しいお話、
心地よかった。



とはいっても、

お焼香の順番を 待っているときって、

他人の所作を じーっと観察したりしない? 私だけかしら?


ふっと、お坊様の後ろ姿に 目がいったのよ。

見ては いけないものを............見てしまった............。。。



                   <後ろ姿>
                 えり足        
              えり足の外側だけが、、、もじゃもじゃ なの。。。

                              ビキニライン
                             悔しいけれどぉ~ お前に夢中ぅ~♪

ハッ! 隣の人がいないっ!

我に返って、真っ赤な顔で 立ち上がった。 不謹慎にも程がある。

私のなかの 醜い心を清め、ご供養心をこめて お焼香した。

テーマ : お葬式と法事について - ジャンル : ライフ

コメント

法事!!

ねこらくさんこんばんは(^^)
お邪魔いたします~!

ほんと、不謹慎とは思うものの、
なぜか法事では思わず吹き出しそうになる瞬間が
多すぎますって!!
私も以前法事の際、
ふと読経中のお坊さんの袈裟を見たら・・・
クリーニングのタグが思いっきり付いていて
ホントに吹き出しそうになりましたもん!!

思い出しました(笑)

リンク

承諾ありがとうございます。
ねこらく堂さんのFC2ランキングバナーをクリックしたら「メイク・コスメランキング」に飛んで、吹いてしまいましたw
なんで、こんなおもろいブログがメイク・コスメ?
でも、今日クリックしたら全般ランキングにも飛びました。
ねこらく堂さんにコメントを送る人たちもおもしろいネタ持ってますねw
類友?私もそうなれたらいいなぁ~。

私としては・・・・

全国のお嫁の一人として、ドブ川のようなお茶を出してしまったところを読んだだけで心臓バクバクでしたわ!

なんだか人ごととは思えないから不思議(笑)

でも出す前に味見をする余裕は持ちたいものです。

ねこらく堂さん、お疲れ様でした。

folonさんへ

こんばんは。
クリーニングのタグ、お坊さんも ぬかったわね。
そういう場所ほど、笑いをこらえなければいけないんですもの。
それって、笑いを増長させますよ、ほんと。
変に咳払いをしている人は「アヤシイ」と思うの。
笑いをごまかしてる!

ねこ地蔵さんへ

リンク&ランキング ぽちしてくださってありがとうございます。
メイク・コスメって、、、汗
あのですね、言い訳をいいますよ。
ブログ始めたころ、まだ何を書くか全~然決まっていなくて、
とりあえず、興味のありそうなところのランキング設定して、そのまま放置していました。そろそろ見直さなきゃいけませんね。教えてくださってありがとう。

みなさんのコメント、面白くて、ついつい私も暴走してしまいます。
ねこ地蔵さんも遠慮せず、ガシガシいっちゃってください。
これからもよろしくね。

サボさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
全国のお嫁さん、ほんとうにお疲れ様です。
お茶(ドブ色)の奥様の焦りっぷりを見ていたら、こっちまでワタワタしそうでした。
誰からも見えない給湯室みたいなところだったら、どうにでもなったのにねぇ。
もう後に引けずに「ドブ色でイッチマエー!」てな感じでしたよ。

急須でかっ!!

こんばんは。
仏事など、締まった空間ほどバツゲームみたいになる私です。
「笑ってはいけない○○」みたいに。

ねこらくさんが出逢われたお坊さんは襟足以外はほぼ完璧だっと思われ…

私の家がお世話になっている住職さんは、大事な話になると「逃げる」んです。難しい話の中、誰かしら話を拡げようとして質問すると、「それには答えない」って…。

その住職の娘さんは私と同級生なのですが、「娘のお仲間の動向は把握している」と話しながら、私に向かって「最近のご活動は…?」
「娘さんがご存知かもしれません」と答えてしまい、場が引き締まりました。
ただでは帰さんぞ…

感謝

こにゃちわ。
法事……(遠い目)
それは火和良が幼きころのこと…
いやいや今じゃございません、もっともっと体がちいさかったころ…

「ザ・火和良の初体験! お焼香だよ全身緊張!」
が開催された、ある夏の日のことでございました。

「おしょうこうをするのよ、ホラ」と、母に背を押され、
火和良はあの小壺の前に立ちました。

おしょうこう。

ぱく。

「だだだだダメダメダメ食べちゃダメ……ッ!!!」


むかしの事をつい、思い出したあげくに、
ちょっとした短編にいざなわれてしまいました。
追いかけてみたいと思います。

ねこらくさん、ありがとう。

はじめまして、flocheと申します。
いつも楽しく拝見させていただいてます(いや~ホントにw)
今日も笑いのツボをぐいぐい刺激してくれてありがとうございます。

ドブ川のようなお茶、見たことありますねー。
てか、やったことあります。あの頃は若かったです^^;

ほかの方のコメントを見ていても、法事ってやはり不謹慎ながら
突っ込みどころ満載なんですねーwww

私がどうしても笑いをこらえられなかったのは、
正座をしてお焼香の順番を待っていた従兄弟(森ボーイのような好青年)が
立った拍子にステンゴローンて見事にすっ転んだのを見てしまった瞬間です。

足が痺れきっていることに自分で気づかずに、油断していたのですって。ぷぷ。

またお邪魔しまーす^^♪

俊作さんへ

そうなの、ダウンタウンの企画のあれみたいにね。。。
心の中での笑いもカウントされていたら、尻はどうなっていたでしょうか。

お坊さんはね、襟足さえ見なかったら完璧でしたよ。特に声が。
お坊さんも音痴だとつらいかもしれないですね。

俊作さんとご住職さんとのやり取りも面白そうですね。
ここは絶対に負けられませんね。

火和良さんへ

こんにちは。
「お焼香だよ全身緊張!」やっちゃったわね。
でもほら、香木は口に苦し、、あれ違う。。まいっか
お口のなかから、爽やかなサンダルウッドのような、沈香でもいいけれど、
そんな香りのする子供って、粋じゃない?

短編創作応援してます!

flocheさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
ドブ川、経験者ね。。。うぷぷ。。。乗り越えましたね。
あれだけ大きい急須だとね、、、どんだけお茶っ葉入れたらいいのか?
わからなくなるんですよ、ほんとに。

森ボーイ似さん、一生忘れないでしょうね。
いとこのflocheさんが覚えているくらいですもの。
今回は、椅子が用意されていたので、ホッとしました。

またいらしてくださいね。

こんにちは

うちのひぃおばあちゃんの入れてくれるお茶もすんごいですよ~
でも可哀そうで言えません・・・ だからここで言いますっ
こゆいねん!」  あ~すっきりした(*´ー`) フッ

りりないふさんへ

こんにちは
すっきりしていただけてよかったわぁ
お年寄りにはなかなか言えないですもんね。いつでも吐き出してって。

逆に「うっすーーー」ってお宅もありますね。それも言えないけど。
というか、どんなの出されても言えないけど。

だからブログで暴走しちゃうのだ。

No title

流石ねこらくさん、その後ろ髪、「月刊NAMAGUSAボーィズ」に載ってましたよ。
今月の特集は
・往けテル!木魚の刻み方
・投稿、こんな門徒は地獄イキ!
・袋とじ、夜の大僧正

No title

お葬式や法事って異空間だから、起こる事全てが面白く感じるのかしら?
不謹慎なネタだけど、下僕父が亡くなった時に弔辞を読んで下さった
なんとか会の会長さん、下僕父と下僕じいちゃんの名前を間違えたの。
じいちゃん、生きてて最前列で座ってるのにゲフンゲフン
お坊様のお経が一瞬声が止まったわウフフ 親族一同も驚いて顔を上げてたわ。
悲しいのに、なんかこみ上げてきたの。必死で我慢したわよウフフ

No title

ねこらくさん
こんにちは^^

法事とかって静まり返ってるから
よけいに笑えてしまうことたくさんですよね
お経あげてる声が裏返った時
笑いこらえるのに必死だったのは私だけではなかったようです
後から聞いた話
空調機のせいでお線香の煙がお坊さんの鼻に入ってきて
大変だったらしいです

No title

特大急須、って写真の急須を持ち上げる嫁さんの図を想像してしまった・・・パワフルにも程がある。お疲れ様です・・w

きちんとした、礼儀を守らねばならないところほど、不思議なほど可笑しなことがあるんですよねぇ。

オレがまだガキの頃にあったのは、坊主がカーン、って鐘(でいいのかな)を鳴らすたびに、外に居たカラスが「カーァ」
って鳴くのが印象的だったのを思い出しました。
何に反応してたのやら。

そういえば

祖母は納骨のとき 「お祖父ちゃんとケンカしないでね~」と
みんなに見送られてました 別居にしてあげたほうが良かったかしら…

gёяiさんへ

ちょいと!gёяiさん!
あの襟足が、この冬のトレンドスタイルだったなんてええ???って本気で驚いて、
「月刊NAMAGUSAボーィズ」ググっちゃったじゃないのよ!もう!
内容によっては、袋とじ見たさに書店まで行こうかと本気で思った。
まじ笑った!こんな騙され方ならホント嬉しい(笑

ドンタコス下僕さんへ

こんばんは。
不思議な空間よね。えも言われぬ何か。
下僕様のおじいちゃま、、、アリーナ 最前列 A-01席で、、、しっかり聞こえたわね。
心中お察しします。おじいちゃま、長生きしてね。

優月さんへ

こんばんは。
お経の声が裏返るってよっぽど(笑

でも、後から理由を聞いてよかった。そうじゃないと何事かと?
腹式呼吸が下手っぴーなお坊さんってダメじゃん、みたいな。

花粉症のお坊さんとか、大変そうですね。

No title

今日も思いきり笑わせていただきました。

法事の時とか、笑っちゃいけないと思うと何であんなに笑いたくなるんでしょう?

あの特大急須、どこにあるんですか?
ビビらずにあれでお茶を入れてやる。ドスコイ!

Halkwyさんへ

こんばんは。
画像の急須を基準にした嫁ならば、着ぐるみ無しで、リアルで特撮物いけますね。
「ザ・ワイフ」って映画があったけど、それより興行収入上回るわね。

カラスはお利口さんですね。仏教がわかるのかしら。
「カー」と合いの手いれて、参加していたのかもしれませんね。

$有銭$さんへ

こんばんは。
お見送りでそういう声をかけられるなんて、かわいらしいおばあちゃまだったのですね。
ほとけさまになってもケンカってするのかな?
ケンカできる相手がいるのも楽しいかもしれませんね。

Fukuにゃんさんへ

こんばんは。
あの特大急須はですね、、、
「箱根小涌園ユネッサン」というところにあります。「緑茶風呂」のなかです。
高さ2mの巨大急須ですって。
がんばってドスコイ!

No title

ねこらくさん、こんばんは♪
ねこらくさんの手にかかれば法事も
コントのように思えてきます(笑)    (^-^)

楽しいことにいつも目を向けてらっしゃるかえらなんでしょうね☆☆☆

ちょっと、似てるとこがあるかもしれませんわ♪
僕もこういう厳粛な場であっても
不謹慎なこと考えてしまったりしてしまいますし・・・
法事も楽しいほうがいいですよね☆☆☆

ひげだったらどうしよう

 えり足の外側だけが、、、もじゃもじゃ ・・・・・

;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ゴルバチョフッ

だめです・・私はたぶん凝視すると思います。

お坊さまGJ!! 

訪問ありがとう

ねこらくさーん!お腹が痛すぎます… なんて素敵な視点。私の友達そっくりです(^_^.)虫食い日記より

No title

いつもながら…
画像のチョイスと配置の素晴らしさに
感服です

濃過ぎるお茶,少量ずつ湯呑みに注いで,
カルピス方式でお湯を足す…というのは
どうでしょうか…(爆

法事,お坊さんの美しい袈裟と着こなしに
これはどうやって着付けているんだろう…と
遠くから見つめてしまいます

たまに街中をスクーターで疾走しているお坊さんが
好きです
お坊さんってなぜか音楽的ですよねえ
『青春デンデケデケデケ』とか『ファンシイダンス』を
思い出しました・・・

ZENYAさんへ

こんにちは。
コント・・・確かに・・・ネタにしたお坊さんごめんなさい(笑
この記事書いて「やばいかな」って思ったんですが、
けっこういらっしゃるんですね、不謹慎なお方が。。。
年回忌も長くなるほど、故人をおもって楽しくなるんでしょうね。

tomさんへ

こんにちは。
ちょうど耳の下あたりから、もじゃもじゃでした。
きっと、頭髪のお手入れをご自分でなさっていて、見えない部分。

長年、産毛より濃い毛を見落とし続けて、“もじゃ”になったと思われます。

カスミさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。
カスミさんのお友達とそっくりなんですか。仲良くやれそうですね。
これからもよろしく。うふふ

やまねこさんへ

こんにちは。
そうなの!カルピス方式!(やったことあります)
パニくってて、それすら浮かばなかったみたい。
今回、3名いらっしゃったんですが、全員の袈裟をジロ見してきました。
なかなかじっくり見る機会はないもので。

リズム感と音感は、あったほうがいいですよね。
聞いていて心地よいのがいいですよ。やっぱり。

お葬式で

いつも楽しい内容 見るたびにわくわくします

法事ではないのですが 昔お葬式に参列したときご焼香の順番を待っている間
数列前の立ち上がった二人が おはげの双子 はげ方もいっしょ
もちろん喪服はお揃い

噴き出すのを何とかこらえたことを思い出しました 

またあそびにきまーす

No title

こんばんは。 コメントありがとうございます。

一卵性かしら?遺伝はさからえないんでしょうかねぇ。
私、、、遺伝だけの影響ではないと思っていましたよ。
環境要因(ストレスなど)の度合いまでもが、お二人似ているんでしょうかねぇ?

また遊びにきてくださいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント(2010-01-01 19:32)様へ

こんばんは。
18禁こーにゃー (2009/12/30)の記事に対してのコメントをいただき誠にありがとうございます。
現時点 (2010/1/2)では、記事コメントの表示を控えさせていただいておるのですが、
あえて『毛』関連の、この記事にご投稿いただいたことに驚きと喜びを隠せません。

せっかくいただきましたコメントですが、最高に面白く、元旦から大笑いさせていただきましたけれども、あなた様の名誉にかかわることですので、ご連絡をいただくまではこのままクローズ状態にさせていただきますね。

あなた様にあの記事を読まれてしまい、実はドキドキしながらコメントを読みました。
『コニー・フランシス』の曲に合わせて『Vライン各部位』を呼称することに対しての、
「けしからん!」メッセージだとおもったのです。
それがどうして、笑笑笑

病み上がりにご丁寧にありがとうございました。どうかお身体ご自愛くださいませ。

早く毛が揃いますように。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。